フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike アンチショツク M L helmet カッコイイ 図案 S XL 【2021新春福袋】 柄 3700円 フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike helmet アンチショツク カッコイイ 図案 柄 S/M/L/XL 車&バイク ヘルメット ジェット ジェット,3700円,ゴールド付き,helmet,オートバイ,/dedimus417977.html,柄,オフロード,フルフェイス,システムタイプ,hidokei.com,Bike,図案,バイク用ヘルメット,車&バイク , ヘルメット , ジェット,アンチショツク,カッコイイ,S/M/L/XL,通気穴,オープンフィエス ジェット,3700円,ゴールド付き,helmet,オートバイ,/dedimus417977.html,柄,オフロード,フルフェイス,システムタイプ,hidokei.com,Bike,図案,バイク用ヘルメット,車&バイク , ヘルメット , ジェット,アンチショツク,カッコイイ,S/M/L/XL,通気穴,オープンフィエス フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike アンチショツク M L helmet カッコイイ 図案 S XL 【2021新春福袋】 柄 3700円 フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike helmet アンチショツク カッコイイ 図案 柄 S/M/L/XL 車&バイク ヘルメット ジェット

フルフェイス ジェット オートバイ 【SALE/66%OFF】 バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike アンチショツク M L helmet カッコイイ 図案 S XL 2021新春福袋 柄

フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike helmet アンチショツク カッコイイ 図案 柄 S/M/L/XL

3700円

フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike helmet アンチショツク カッコイイ 図案 柄 S/M/L/XL

本店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます!
うちの商品をご覧になる際に、以下のことを説明させていただきます。

「商品紹介」
★サイズ:
S:頭囲約53-54cmに対応。
M:頭囲約55-56cmに対応。
L:頭囲約57-58cmに対応。
XL:頭囲約59-60cmに対応。
★速乾性に優れ、抗菌、防臭効果を合わせ持つインナーを装備します。
★強化ゴーグル付きで防雨水効果、紫外線や日焼けなどを避ける効果更に強いです。
★前方からの空気をヘルメット内部に取り入れるシャッター機能付きベンチレーション。
★日差しの変化や走行中の騒音など、様々な周囲の環境に対応する能力を持たせながら、衝撃吸収性能に直結する衝撃吸収ライナーの厚みを犠牲にしないよう工夫された設計。
★眩しい夏の日差し、冬の西日、夜間の走行など周囲の環境へ瞬時に対応可能となることで、セーフティライドに貢献。
★オートバイ、バイク、バイカー、ツーリングヘルメット、大人、若者、男性、女性用。

「ご注意」
*実物と同じ色になるよう努力しておりますが、パソコンモニター画面により、見た目と実際の色に多少の違いがあることがございます。
*新品のヘルメットは、少し窮屈と感じます。これは、商品のサイズが違ったのではありません。時間立つと緩みますので、予めご了承くださいませ。
*弊社は、お客様に一番良い製品とサービスを提供することを目標にして精一杯頑張っていますから、ご愉快に購入してください。
*ご質問がある場合は、メールでご連絡下さい。弊店は24時間以下で回復させていただきます。

【24時間注文受付+全国送料無料】
本店は他の種類の豊富の商品があります!よろしければご覧下さい!

フルフェイス ジェット オートバイ バイク用ヘルメット オープンフィエス システムタイプ オフロード ゴールド付き 通気穴 Bike helmet アンチショツク カッコイイ 図案 柄 S/M/L/XL

トップに表示

【国際】ユニリーバ、16歳未満への広告・マーケティングを自主禁止。全世界の食品・飲料対象

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【ヨーロッパ】ガスプロム、ポーランドとブルガリアへの天然ガス輸出停止声明。代替で北海に熱視線

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【国際】RMI、紛争鉱物報告テンプレートを更新。CMRT6.2公開

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟)の紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)」は4月27日、最新の紛争鉱物報告テンプレートとなるCMRT6.2をリリースした。  同テンプレートは紛争鉱物フリーの原材料調達を可能にするためのサプライチェーン全体における情報管理ツール。CMRT6.2は、国や州等の地域名リストのアップデート、精錬事業者リストのアップデートを行った。  RMIは、次回更新を2023年春頃に予定している。 【参考】【国際】RMI、雲母とコバルトの紛争鉱物テンプレートEMRT1.01版リリース。マイナー更新(2021年12月10日) 【テンプレート】CRRT6.02

【国際】GM、サプライヤー向けESG誓約への署名要求。カーボンニュートラル、人権保護等

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【国際】2021年のESG債・ローン統計、1.1兆ドルを突破。グリーンが牽引。リンク債急増。CBI報告

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

News

【ヨーロッパ】ガスプロム、ポーランドとブルガリアへの天然ガス輸出停止声明。代替で北海に熱視線

2022/04/28 最新ニュース

 ロシアエネルギー大手ガスプロムは4月27日、ポーランドとブルガリアが、ルーブルでの支払いを拒否したことを理由に、両国への天然ガス輸出を停止したと発表した。ルーブル支払が実行されるため、輸出停止を継続する。  ロシアのプーチン大統領は3月8日、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】RMI、紛争鉱物報告テンプレートを更新。CMRT6.2公開

2022/04/28 最新ニュース

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟)の紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)」は4月27日、最新の紛争鉱物報告テンプレートとなるCMRT6.2をリリースした。  同テンプレートは紛争鉱物フリーの原材料調達を可能にするためのサプライチェーン全体における情報管理ツール。CMRT6.2は、国や州等の地域名リストのアップデート、精錬事業者リストのアップデートを行った。  RMIは、次回更 [...]

» 続きを読む

【国際】GM、サプライヤー向けESG誓約への署名要求。カーボンニュートラル、人権保護等

2022/04/28 最新ニュース

 自動車世界大手米GMは4月25日、世界中のサプライヤーに対し、同社が新たに設定した「環境・社会・ガバナンス・パートナーシップ誓約」への署名を求めると発表した。カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)へのコミット、社会的責任プログラムの開発、サステナビリティ調達の導入等を要求する。  同社2021年1月、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ニューヨーク州、2030年までに太陽光発電10GW新設政策決定。電気料金影響も軽微

2022/04/27 最新ニュース

 米ニューヨーク州のキャシー・ホーチュル知事は4月14日、2030年までに分散型太陽光発電を10GW以上導入するためのロードマップを承認した。ニューヨーク州エネルギー研究開発局とニューヨーク州公共サービス局が策定し、公共サービス委員会に提出していた。  今回の施策は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】HSBC、IBMの量子コンピューティング活用で提携。リスク計算、ポートフォリオ最適化等

2022/04/27 最新ニュース

 金融世界大手英HSBCは3月29日、IT世界大手米IBMとの間で、金融サービスにおける量子コンピューティングシステムの活用に関して、3年間のパートナーシップを締結すると発表した。HSBCの量子コンピューティングシステムに関する専門知識を強化し、最大限技術を活用するために組織的な準備を行う。  今回のパートナーシップでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】環境省、企業のカーボンニュートラル実践で4つのガイド資料をアップデート

2022/04/27 最新ニュース

 環境省は4月26日、企業向けの脱炭素経営促進に関する4つのガイドを最近アップデートしたと発表した。  まず、「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド」の2021年度版。日本企業のシナリオ分析の実践事例を13社分掲載、1.5℃シナリオのパラメータに関する情報を充実させ、国内外のTCFD関連文献を整理した一覧表も新規追加した。  次に、「SBT等の達成に向けたGHG排出削減計画策定ガ [...]

» 続きを読む

【日本】環境省、第1回脱炭素先行地域で26自治体を選定。地域特性活かしたCO2削減

2022/04/27 最新ニュース

 環境省は4月26日、脱炭素先行地域募集(第1回)の公募結果を発表。26自治体が脱炭素先行地域(第1回)として選定された。公募では、共同提案を含め102の地方公共団体から79件の計画応募があった。  同制度は、2030年度までに民生部門(家庭部門及び業務その他部門)の電力消費でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を実現するとともに、日本政府の2030年度目標と整合する運輸部門や熱利用等も含めた排出削減を地域特性に応じて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】EPA、クリソタイルアスベストを禁止へ。米国で輸入許容の最後のアスベスト

2022/04/26 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)は4月5日、アスベストの一つであるクリソタイルアスベストの継続使用を禁止する規則案を発表した。クリソタイルアスベストは、現在米国で輸入が認められている唯一のアスベスト。  現在、クリソタイルアスベストは、ダイヤフラム、シートガスケット、油田用ブレーキブロック、アフターマーケット用自動車ブレーキとライニング、車両摩擦製品、ガスケットの6品目の原料として活用されている。しかし今回、有害物質規制法(TSCA)に基づき [...]

» 続きを読む

Case

【対談】明治安田生命とJRTT、CBI認証サステナビリティ債に係るエンゲージメント ~発行体と投資家の狙い~

 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は2月、CBI認証付きサステナビリティボンドを合計180億円発行した。年限は5年と10年。格付はR&IでAA+、ムーディーズでA1。JRTTは、2019年5月から四半期毎にサステナビリティボンドを継続発行しており、2021年度は総額820億円の大規模調達となった。  資金使途は、鉄道建設プロジェクトのリファイナンス。このプロジェクトでは、自動車と比べ、輸送量あたりの二酸化炭素排出量の小さい鉄道で、グリーン性を追求。加えて、輸送網拡充に伴う移動時間の短縮化で、目的地での [...]

» 続きを読む

【インタビュー】味の素グループは、なぜサステナビリティボンドで資金を調達したのか?

» 続きを読む

【対談】東京都が国内自治体初のソーシャルボンド300億円発行 ~発行の意義と得られた成果~

» 続きを読む

Study

【レポーティング】サイバーセキュリティのモニタリングとKPI設定 〜14の指標紹介〜

2022/04/17 体系的に学ぶ

 サイバーセキュリティは、ESGの要素の一つとして、近年、株主からの関心が高まっている分野。政府による規制や、取締役会での監督も重要になってきている。また、最高情報セキュリティ責任者(CISO)や最高情報責任者(CIO)は、サイバーセキュリティのリスクを管理し、個人を特定できる情報(PII)を保護する責務を負うようになってきている。  サイバセキュリティーに関しては、各国では法規制も整備されてきており、米グラム・リーチ・ブライリー法、 [...]

Sakiamp;Masa 木製 カエル ミニ ギロ 民族楽器 ドラム パーカッション 打楽器 楽器 縁起物 (3号10cm)

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2022/01/19 体系的に学ぶ

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

2021/12/09 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む

【戦略】波紋広がる中国・習近平総書記の「共同富裕」政策 〜思想の背景とその影響〜

2021/09/23 体系的に学ぶ

 習近平中国共産党中央委員会総書記が8月17日に中国共産党中央財経委員会での演説の中で提唱した「共同富裕」政策。その後、中国の大手企業も相次いで呼応する声明を出したことが大きな波紋を呼んでいる。「共同富裕」とは何かをあらためてみていこう。 「共同富裕」とは?  「共同富裕」とは、もともとは、1950年代に毛沢東氏が社会平和を目指して揚げたスローガン。しかし、その後、第2世代最高指導者の鄧小平氏は、一部の人が先に金持ちになれるような経済 [...]

» 続きを読む

【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2020」の統計。世界のESG投資割合は35.9%に伸長

2021/07/15 体系的に学ぶ

 世界のESG投資額の統計を集計している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は7月14日、ESG投資の統計報告書「Global Sustainable Investment Review(GSIR)」の2020年版統計を発表した。GSIAは、同報告書を2年に一度発行しているが、2020年統計の発表は2021年に遅延した。  GSIAには現在、世界各地域のESG投資協会7団体 [...]

» 続きを読む

【金融】グリーンシル問題とは何だったのか?〜サプライチェーン・ファイナンスの事の顛末〜

2021/07/01 体系的に学ぶ

 ロンドンを拠点とする金融会社グリーンシル・キャピタルが3月8日、裁判所に経営破綻を申請した。同社は、サプライチェーンでの決済を融通するサービス「サプライチェーン・ファイナンス」の世界最大手のひとつだったが、「深刻な財政難」に陥って崩壊した。この問題は一体どのように始まり、そしてどのような影響をもたらしているのか。 グリーンシル・キャピタルとは  グリーンシル・キャピタル(以下グリーンシル)は、オーストラリア人金融家のレックス・グリー [...]

» 続きを読む

Action

【5/24, 25: フォーラム】RI Japan 2022「世界で急速に進化するサステナブルファイナンスと日本の今」

2022/04/03 行動する

 今や世界的なメインストリームとなったサステナブルファイナンスの中で、日本の機関投資家、金融関係者はどうプレゼンスを確保していくことができるでしょうか。  2022年会議では、国内外のオピニオン・リーダーが集結し、新しい時代の資本主義のありうべき実像を視野に、喫緊の理論的・実務的課題を討議します。  400以上の団体から参加する金融プロフェッショナルと、規制・政策と市場の動向、責任投資のベスト・プラクティスについて議論し、日本の持続可 [...]

» 続きを読む

【3/9:無料ウェビナー】世界水の日記念 WaterAid 企業連携ウェビナー :世界の水・衛生危機とその解決に向けたNGOの取り組み~インドの事例から

2022/02/14 行動する

 3月22日は国連が定めた「世界水の日(World Water Day)」。この日に先駆け、世界水の日記念 WaterAid 企業連携ウェビナーを3月9日(水)に開催します。  持続可能な開発目標(SDGs)のゴール6は「安全な水とトイレを世界中」です。国際社会が、2030年までに、世界のすべての人々が安全な水とトイレを利用し、適切な衛生習慣を実践できるようにすることを目指している一方、世界では、現在も7億7,100万人が清潔な水を、 [...]

» 続きを読む

【12/1:無料ウェビナー】DNV、今さら聞けないESGファイナンス講座開催

2021/11/04 行動する

 グリーンボンドをはじめとした「ESGファイナンス」というキーワードはニュース等メディアで大々的に報道されておりますが、未経験者には具体的にどのようなことが実施され、どの程度の負担があるのか等、まだ分からない事項が多くあるというご意見も寄せられております。  これを踏まえて本セミナーでは現在のESGファイナンスのトレンドから、ファイナンスの種類およびその評価方法など理解し、実際に発行体事業者様の経験談を把握頂くことで、参加者が具体的な [...]

» 続きを読む

【10/21:ウェビナー】セキュリティーと人権、ビジネス~複雑な環境でビジネスを行う~

2021/10/01 行動する

 「国連ビジネスと人権に関する指導原則」が制定されて、今年10周年を迎えました。これに先立ち、日本政府は昨年、『「ビジネスと人権」に関する行動計画(2020-2025)』を策定し、ビジネスを行う上での人権の尊重の更なる促進を目指しています。企業は、人権における自らの責任をより一層認識しなければならない時代に突入しました。いまや多くの企業が、グローバルな枠組みやイニシアティブに沿った企業方針を採用し、サプライチェーンを含め、自社のオペレ [...]

» 続きを読む

【10月,12月@東京,オンライン資格講習】英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催!

2021/10/01 行動する

グローバル企業に必須のCSR/サステナビリティとは?第27~28回英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習  世界のCSR/サステナビリティ分野では非常に大きな動きが起きています。欧米の先進企業は、地球規模で発生している気候変動などの環境課題への対応、またサプライチェーンを取り巻く環境問題、そして人権問題に対応するために、地球課題としての持続可能な開発目標(SDGs)や2030アジェンダをも踏まえたCSR/サ [...]

» 続きを読む

【10/5:ウェビナー】食品企業の栄養アクセス・インデックス(ATNI)ローンチイベント

2021/09/30 行動する

 今年の12月、栄養に関する国際会議「東京栄養サミット2021」が日本で開催されます。栄養不良がもたらす経済損失は年間3.5兆USDにも達すると推測されており、投資家を始め多くの関係者が関心を高めています。  サミットの開催に先立ち、「栄養・食事・健康に関する投資家要望」の策定者であり、世界最大手の飲食メーカーの取り組みを評価したGlobal Index 2021を今年ローンチしたAccess to Nutrition Initiat [...]

» 続きを読む

Links